• TOP
  •   >  事例詳細ページ(しみチョコ (含浸チョコ))

事例詳細しみチョコ (含浸チョコ)

背景
従来、チョコレートコーティング商品は、高温多湿な夏場は商品化が難しかった。

何とか夏場でも流通できる商品の開発を依頼された。
開発
チョコレートを製品にしみこませた商品であれば、チョコレートが溶けづらく夏場でも流通可能ではと考え、真空技術を応用した含浸製法に着目。

センターに気泡の多い材料(コーンパフ)を用い、真空にすることによって気泡をチョコレートと置換することに成功、チョコレート含浸製法を確率した。
成果
材料自体にチョコレートをしみこませたので、夏場でも溶けづらくかつ従来のコーティング商品にはない風味と食感の製品ができあがった。
このページの先頭へ