• TOP
  •   >  企業理念

谷沢菓機工業企業理念

タニザワのモノづくりは、ハードとともに優れたソフトを開発します

チョコレート・製餅・和菓子・米菓用機械はもちろんのこと、柔軟な発想と高い技術力、そして長い経験に培われたお菓子に関する豊富な知識で、特殊菓子用の特注機械も数多く手掛け、高い実績を誇っています。

私たちの機械は、汎用機・特注機にかかわらずお菓子自体のライフサイクルを考慮し、様々な工夫が施されています。単に機械を売るのではなく、ロングセラーになりうる商品であるか、ショートレンジ商品であるかといった商品特性を加味しながら売れ筋お菓子を企画・考案し、新しい機械を提案する。

これこそ、ハードとともに優れたソフトもお届けするタニザワの幅広いモノづくりに対する姿勢です

タニザワの哲学

お菓子の心を知り、熟練した職人の技を知り、

タニザワの“風味を活かす機械”は生まれました。

私たちタニザワは、変貌を繰り返すお菓子の長い歴史の中で常に時代をリードする高性能な機械を創り出し、お菓子業界に多くの新技術をもたらしてきました。日本のお菓子の歴史は、タニザワの歴史といっても過言ではないでしょう。

一億総グルメ時代といわれて久しい昨今、料理に限らずお菓子などのデザートに関しても消費者の嗜好の高まりは止まることを知りません。いかに時代にあった本物のお菓子を提供できるかが、お菓子メーカーをはじめとするお菓子業界全体のテーマになっています。

私たちタニザワは、そのテーマに正面から取り組み、一つのテーマを導き出しました。それが、"風味を活かす機械"です。一口に機械と言っても、チョコレート製品、製餅・和菓子製品、米菓製品・・・と、その種類は多種多様で製造工程も大きく異なります。それぞれのお菓子の持ち味を、美味しさのメカニズムを知ってこそ、お菓子づくりにふさわしい機械の開発が可能になるのです。

お菓子づくりには微妙な工程があり、どれもおろそかにできないものばかり。各工程において熟練した職人が肌で感じてきた微妙な加減が、機械にも要求されます。お菓子の心と熟練した職人の技を知り尽くしたタニザワだからこそ創造できる"風味を活かす機械"。私たちタニザワは、いまや菓機メーカーの枠を超え、美味探求によって培われたソフトも提供できるお菓子製造総合企業として飛躍を続けています。

このページの先頭へ